災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
食べられないときの食事の工夫
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

治療前の食事


治療前には、カロリーのある食べ物や、たんぱく質の高い食べ物が勧められます。具体的には、牛乳、ヨーグルト、チーズ、クリームなど乳製品を普段以上に摂取したり、卵を食べることなどが含まれます。


また、油やバターを使ってカロリーを増やすような調理をすることもあげられます。(しかし、揚げ物や炒め物は、消化にはよくないので、食べられるときにおとりください)。
食事の工夫は、あなたの体力をつけ、がんやがん治療の影響に対処していけるようにするためのものです。普段健康なときは、普通にバランスよく食事をすることで十分な栄養をとることができますが、治療中は、難しくなることがあります。

命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.