災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
食べられないときの食事の工夫
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

治療中の食事


手術、放射線療法、化学療法、ホルモン療法、免疫療法などは、身体にとってとても強力な影響を及ぼします。これらの治療はがん細胞を目標としていますが、健康な細胞も影響をうけます。早く成長して分裂する健康な細胞(毛や、口の中、消化器官などの細胞)ががん治療によって影響を受けます。この健康な細胞への影響が不快な副作用を起こし、食べることに影響します。
また、気が動転していたり、心配だったり、怖かったり、心理的に不安定な時も食べられなくなります。食欲不振と嘔気は、神経過敏や、恐れがあるときの正常な反応です。一度治療が始まれば、どんなことが起こるのか、自分がどんな反応をするのかの予測がつきます。その予測によって、不安に伴う食事の問題はよくなるでしょう。
がんの副作用は患者様によって異なります。身体のどの部位の治療か、どんな種類の治療をどのくらいの期間行うか、どのくらいの量の治療をするかによって副作用の出現の有無や程度が決まります。
しかしながら、治療中すべての人に副作用が起こるとは限らず、ほとんどの副作用は、治療が終わったらなくなります。また副作用は、薬でコントロールできます。
あなたの医師と、あなたの治療と、副作用の可能性について話をしてみましょう。
病院に入院中や治療中は、あなたの医師や看護師、または栄養士と話をしましょう。彼らはあなたの質問に応え、どんな食事や軽食、食べ物がよいのか、どのように食事の問題に取り組んだらいいかなど教えてくれます。治療が終わってから問題がおこったら彼らにまた色々聞いてください。他の患者様の方法なども聞いてみましょう。

治療中の食事
命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.