災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
食べられないときの食事の工夫
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

飲料水・食品の備え


ご自身の体験から化学療法を受けている期間に口にしやすい食品を知り、備蓄しておきましょう。電気・水道・ガス・交通などのライフラインが不通となるため、そのまま口にすることのできるものがよいでしょう。飲料水は1人につき1日3リットルを、最低3日分用意しておきましょう。
避難所で配給される食事や炊き出しのメニューは、おにぎりやパン、麺類などの炭水化物、揚げ物、鍋物、牛乳などが多く、野菜やミネラルが不足しがちな状況になります。野菜や果物に含まれるビタミンが不足すると口内炎や風邪になりやすくなります。ミネラル不足は味覚障害を引き起こします。缶詰の果物、野菜ジュース、市販のスポーツ飲料、栄養ドリンク等も備蓄しておくといいでしょう。また、現在のところ効果の科学的根拠は明確ではありませんが、ビタミンやミネラルの栄養補助剤もあります。

命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.