災害看護 命を守る知識と技術の情報館 ユビキタス社会における災害看護拠点の形成
あの時を忘れないために
本サイトのご利用にあたって
兵庫県立大学大学院看護学研究科 21世紀COEプログラム
役立ちマニュアル:がん患者偏
食べられないときの食事の工夫
備えの時期 災害発生初期 復旧・復興期

症状に合わせた家庭・避難所における食事の工夫


 

嘔気、嘔吐のあるとき
災害時は、断水によりトイレ環境が変わったり、ゴミ処理に時間を要したり、においの問題が生じることがあります。不快なにおいは嘔気を増強させる可能性があります。ゴミや吐物はにおいがもれないようにビニル袋でしっかり閉じ、においからできるだけ避けるようにしましょう。
嘔気時は、口当たりが良くあっさりした食品が好まれますが、ライフラインが不通であってもそのまま食べられる果物がオススメです。中でも、リンゴ、ミカン、メロン、ブドウ、桃、トマトなどの果物は、口にしやすく、水分も多く含まれているので重宝します。避難する時には自宅から持ち出しておきましょう。また災害後入手が可能であれば、手に入れるようにしましょう。



口内炎のあるとき
化学療法時によく口内炎を起こす方は、市販の離乳食を粥代わりに食べることができます。離乳食は安全で、刺激が少なく、やわらかくて、食べやすいものです。乳児のいる避難所では入手しやすいです。また、口内炎がひどく、一時的に食事がとれないことが多い場合は、缶入りの濃厚栄養剤も備えておくとよいでしょう。



味覚異常のあるとき
化学療法による影響に加えて、ミネラル不足から味覚に変調をきたしやすい状態になります。入手できるミネラル(牛乳など)をとりましょう。また、あめやキャラメルを携帯し、苦みを消しましょう。



下痢のあるとき
化学療法による影響に加えて、災害による心理的なストレスや避難所での生活環境の変化などから、また風邪をひき下痢を起こす場合があります。
身体を保温し、脱水にならないよう水分(汁物や市販のスポーツ飲料)をしっかりとりましょう。食事は腸への負担や刺激を少なくするために消化が良く、繊維の少ないものをとりましょう。避難所では、市販の離乳食をお粥や流動食代わりにできます。



便秘のあるとき
化学療法による影響に加えて、災害による心理的なストレスや避難所での生活環境の変化、また支給される食事の偏りなどから便秘になりやすくなります。便秘が長く続く場合、まず水分を十分にとりましょう。避難所でバナナやさつまいもが入手できた場合、食がすすむようならば取り入れましょう。

命を守る知識と技術の情報館
役立ちマニュアル
災害の時期で探す
役立ちマニュアル がん患者偏一覧ページへ
このページのPDF版はコチラ 印刷に適したページです
PDFデータをご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。
Adobe Reader
お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © 2006 College of Nursing Art and Science,Hyogo. All Right Reserved.